« テンション | メイン | 東京の雪 »

お味噌づくり

私も大ファンの地元のお味噌やさん日野屋さんにてお味噌造りイベント@那須食卓の会にて。

お味噌のてほどき? 大釜で炊いた大豆をひしゃくでざるにあげます。熱っ!
やわらく煮えた大豆をミンチに。湯気ぼうぼう。 日野屋さんで作っている特製玄米麹!
大豆・麹・塩をまぜまぜ 国産大豆ならではのねっとり感
みそ玉を作って樽にばしばしいれていきます。 仕込み完了!

日野屋さんのお味噌、風味が豊かで本当においしいのもさることながら、ご主人と奥様もとっても面白い方で大好き!今日もイベントはお昼過ぎからだったのだけれど、午前中から大豆を炊いてくださっているということだったので、見学に伺ったところ、麹のこと、お米のこと、大豆のこと、お味噌づくりのこと、興味深いお話をじっくり聞かせていただくことができました。

お味噌といえば大豆!と思うのだけれど、ご主人によると、一番大事なのはお米なのだそう。いいお米を使っていい麹ができてこそ、おいしいお味噌ができるのだとか。日野屋さんではそのまま炊いて食べてもおいしい地元産のお米を使って作った麹をたっぷり使ってお味噌作りをされています。麹の話もなかなか深く、味わいのあるものでした。

今年は5kgのお味噌を仕込んだのだけれど、10kg、20kgとたっぷり仕込んだほうがより味わいのあるお味噌ができるそう。来年は家族やお友達にも分けてあげられるくらいのお味噌を仕込んでみようかな、と妄想が膨らみます。

ちなみに日野屋さんでは個人の方でもお味噌づくりを体験させてくださるそうです。希望の方は直接日野屋さんにお問い合わせされるか、来年一緒にやりたい!と決意表明していただければ、私のほうでメンバーを集めて日野屋さんにお願いしてもいいかなぁ、とも思っています。

-------------------------------------------

ごはんメモ

< 今日の夕ごはん >

きのこのおみそ汁、豚キムチ、おから、納豆、たくあん、あみの佃煮、ごはん、はっさく(デザート)

*お味噌造りをしたら、すごーく発酵食品が食べたくなりました。単細胞すぎ?(笑)

投稿者 sunameri : 2009年02月26日 23:59

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sunameri.com/bukubuku/cgi/mt/mt-tb.cgi/799

このリストは、次のエントリーを参照しています: お味噌づくり:

» 手前味噌 from buku buku diary
去年作ったお味噌、「できたら1年、早くても10ヶ月は開けちゃダメ!」と言われたの... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2010年02月28日 21:24